キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ


「磁石の日」とは、日本記念日協会 に認定されている記念日であり、「10月1日」が「磁石の日」です。
 


 磁石には、「N(エヌ)極:S(エス)極」「+(プラス)極:−(マイナス)極」と呼ばれている2極が存在し、

この2極による吸着・反発といった「磁石」の特長をもっとも表しています。

 そこで、
「+(プラス)極」を漢数字の「十」、「−(マイナス)極」を漢数字の「一」に見立て、

「十月一日 磁石の日」が制定されました。

 「磁石」「マグネット」と一言であらわしても、その種類は多様で、現代社会での利用方法も多岐にわたります。

 古くは、世界三大発明の一つでもあり、航海の可能性を広げ、世界を近くしたのも磁石です。

 現代社会では文具・教材としての使われ方に始まり、冷蔵庫や玄関の雑貨や、広告ステッカー。

 自動車の初心者マークなど、看板・サインにも使われています。

 また、目に見えない場所では、電化製品、オフィス機器、モーター類など工業部品の重要な役割でもあります。

 そして、何よりも我々の生活する「地球」自身が、ひとつの磁石でもあり、

その磁力が、生物が地球で生きていく上で重要な役割を果たしてもいます。(詳しくは、「マグネットのカタチ」にてご紹介。)

 「見えないチカラ」の代表格でもある「磁石」は、人々の文化面にも多くの影響を及ぼしています。

 そんな、誰でも知っている「磁石」ですが、「磁石の詳細」については、あまり知られておりません。

 「十月一日」は、「磁石の日」として、

 
もっと磁石の魅力を知ってもらい、もっと磁石を好きになってもらいたい。

 という想いから制定された記念日です。
 


  お知らせ (イベント情報など)


      2011年の「磁石の日」キャンペーンは終了いたしました。
 


  ダウンロードコンテンツ (マグネクラフト/塗り絵などPDFファイルです。)


     ・マグネクラフト 「磁石の日Ver.」  ・塗り絵 「じしゃくま」 / 「じしゃくまと犬たち。」
 


  イベント履歴 (これまでに実施した磁石の日イベントについて)

     2010年 「第三回 磁石の日 記念式典」

     2009年 「第二回 磁石の日 記念式典」

     2008年 「第一回 磁石の日 記念式典」

じしゃくま君の部屋 Topへ